アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

なぜ学び続けなければならないのか。

久しぶりに以前の会社関係者と酒を飲んだ。
彼らは運よく今も広告業界にいる。しかしながら、話すことは5年前、10年前と
何ら変わっていない気がし、少し寂しい思いを抱いた。

間違いなく広告業界は大きな変化の真っ只中にある。
そこで立ち止まることは死を意味するのではないか。自ら変化を受け入れ
変わらない限り退場を余儀なくされるだろう。・・・なぜなら私自身がその典型例だから。

業界を離れてみて客観的に見えるようになってわかるのは、
私の知っている広告業界人は勉強をしなさ過ぎるということ。

彼らに共通するのは、今までの経験で仕事をしていることだ。
今までと同じやり方では、仕事の範囲はどんどん狭くなっていく。
勉強しなければ、そのことにすら気づかないかも知れない。

私が思う勉強することに価値は、自分と時代との距離を確かめることできることだ。

少なくとも今という時代をわかっていれば、何らかの形で順応していくことは可能ではないか。
時代の進んでいく方向と自分の歩んできた道が離れていっているとわかれば、
またそれを埋めるために勉強すればよい話だ。

そういう意味では一生勉強を続けられる人が成長を続けられる人だと思う。

50歳前なら仕事人生の残り時間は少なくとも10年以上ある。
遅くない、1日30分でもこつこつ勉強を続けよう。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/993-a32655f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad