アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

穴埋めでは活かされない、ACのCM。もっと有効な使い方は・・・

通常の放送形態に徐々に戻りつつあるテレビ放送。

テレビCMも同様に企業のCMが流れ始めているが、とはいえまだまだ行方不明の方々が
見つかっていない状況ではCM自粛の企業も多いように見受ける。

そこで自粛枠で流されているのがAC、公共広告機構のコマーシャルだ。
しかしながら素材数が限られていて、数パターンの繰り返し。
1日に何十回、何百回と流されている。

啓蒙活動のCMがほとんどだから、見てて害になるものではないが、
何となく電波を無駄遣いしているような気がぬぐえない。

もう少しこの枠を有効に使う方法はないものか。余計なおせっかいかもしれないが、
そう思うのは私だけではないだろう。

たとえば、CM枠を応援メッセージ枠に開放して、文化人、音楽家から義捐金を募る。など。
まだまだ考えればアイデアはあるのではないか。

どうせなら災害地で苦労をしている皆さんを勇気付けられるような何か。

また新聞社にしても、お見舞い広告を募るのは良いが、本当のお見舞いになっているのか
いささか疑問が残る。広告枠を埋めるため無理やりお見舞い広告を集めているように思えてならない。

テレビ局も新聞社も、今こそそれぞれのメディアでしかできないことを実現してほしい。
切に願う。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/984-dd9ee2d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad