アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

ビジネスの成功は非営利組織に学ぶ。「ゼロのちから」

社会起業家、ドレス・フォー・サクセスの創業者のナンシー・ルブリンが書いた
「ゼロのちから」を読んだ。



営利組織の論理がなかなか通用しなくなったのに対し、
非営利組織が大きく存在価値を広げている。

非営利組織がなぜ成長できるのか、その考え方を学び、
ビジネスに活かそうというのが本書の趣旨だ。

ナンシー・ロブリンは、さまざまな非営利組織を立ち上げ成功に導いている、世界的に有名な社会起業家。

本書では、彼女自身が体験したこと、そしてティーチ・フォー・アメリカ、モジラ、カブームなどの
成功している非営利組織で見聞きしたことを11の法則にまとめている。

11の法則とは、

1.社員のやる気を最大化する
2.お金をかけずにブランドをつくる
3.外部の人材を活用する
4.賢くお願いする
5.お客さまを味方につける
6.役員にもっと働いてもらう
7.能力を引き出す人事を行う
8.ストーリーを知ってもらう
9.財務を上手に管理する
10.物々交換を活用する
11.イノベーションを生み出す

見出しを読むだけでも、なんとなく営利企業との違いが伝わってくるのではないか。

特に物々交換などは絶対に営利企業ではできない発想だ。

お金がない時は知恵を使え。それこそ非営利企業が日夜考えていることだろう。
へたにお金があるから頭を使えなくなる、著者ルブリンはそう言わんばかり。

気がついたら、いつのまにか営利企業のやり方が過去のものになりつつある。
やはりいちばんの原因は、利益を求めすぎたことだろう。

この先のビジネスを成功に導くためには、まずは既成概念にとらわれず、柔軟な発想で臨むこと。
それができなければ明日は非常に厳しいものになる。

「ゼロのちから」は頭を柔らかくする、いわば柔軟剤のような存在だ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/978-0334131b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad