アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

ワイキューブ版「小さな勝ち組企業が選んだブランド戦略」

先日も紹介したワイキューブ。

先回紹介したのは社長の安田佳生氏が書いた本だったが、
こちらでは安田氏は監修の立場、著者はワイキューブ。つまりワイキューブの社員によるものだ。

そんなワイキューブの新刊
「小さな勝ち組企業が選んだブランド戦略~人が人を呼ぶブランディング。実践企業8の実例」を読んだ。




毎度のことであるが、ワイキューブの本はわかりやすい。簡潔に要点を伝えるということは
簡単なようでなかなか一筋縄ではいかない。

その技術に長けていることは、それだけ顧客の伝えることを代行する上でも
必然的にレベルが高いと言えるだろう。

さて本書ではワイキューブが手掛けた8社のブランディングが紹介されている。

その8社とは、

1.北海紙管
2.東西
3.のうひ葬祭
4.マイム
5.ながの結婚支援センター
6.アサヒ商会
7.オンリーワン
8.日本栄養給食協会

いずれも知名度ではまだまだ、今は成長過程の中小企業だ。
しかし、ワイキューブのブランディングの考え方を見ていると、
こういった中小企業が成長していく過程に合った身の丈のブランド戦略を提供している。

マス広告の依存することなく、顧客接点を最大限に活かしたブランディング
これこそ広告会社ではできないワイキューブならではの強みだとあらためて実感した。

採用のコンサルティングから企業のコンサルティングへ。
ますます事業の領域を広げるワイキューブ。

あいかわらずマス重視、効率重視、利益重視の
広告会社の欠陥を上手に埋めてくれる存在は、残念だが広告会社よりはかなり広告主よりだ。
広告主に評価されるのも致し方ない。

方法論ではなくそもそもの目指すものが違うのだ。どこが違うかは本書で感じとってほしい。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/970-65ddfb71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ZOZOTOWNは、もはや若者だけのサービスではない。

こんにちは。まじめがねの近藤です。 先日、ブログで紹介した「小さな勝ち組企業が選んだブラン...

  • 2011/03/11(金) 12:09:32 |
  • ブランディングの実験室

FC2Ad