アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

中古品「この1年で売買」64%

博報堂買物研究所が実施した「中古品の売買意識」調査の結果が発表された。

調査によると、この1年で中古品を売買した人の割合は64.5%。
年代別では30代が75.1%と最も高い。
中古品を売ることが今後も「増えると思う」と回答した人も67.3%ということで
この分野のビジネスが今後ますます拡がりそうだ。

この傾向を受けて博報堂買物研究所は、メーカーが今後、商品開発する際も
生活者のリユース・リサイクル意識を念頭に置くことが必要」としている。

売買したことがあるものでは最も多かったのが本で、
売却72.6%、購入67.1%。

リユース、リサイクルというと、何も今に始まったものではないという印象だが、
昔のリユース・リサイクルとはまったく趣きが違う。
その背景にあるのはITの進化であり、SHAREやソーシャルメディアなどとも絶妙に連携して
再び脚光を浴びているのだ。そこを見間違えるとビジネスはうまくいかない。

生活者の意識も進化しており、売れれば良いという考え方だけでは
メーカーも役割を果たせなくなってくるだろう。

売るだけではない、新たなビジネスモデルがここでも問われ始めている。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/962-11a4b643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad