アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

2010年日本の広告費、1.3%減。テレビ広告は回復傾向。

電通から2010年の日本の広告費が発表された。
3年連続の減少ではあるが、やや下げ止まり感のある前年対比、1.3%のマイナス。

媒体別ではテレビが上向きに転じるなど明るさも見られる。

媒体別では、インターネット広告費が相変わらず右肩上がり。

媒体費と広告制作費を含めたインターネット広告費は9.6%増、
総広告費に占める割合は13.3%(09年は11.9%)と存在感を示している。

そして、先にも書いたが特筆すべきはテレビの回復ぶり。
前年対比、1.1%増で、テレビCM否定論に一石を投じた感じだ。

少し意外な感じもしたが、このところの周りの話を総合すると、
なるほどな、と納得した次第。

広告費を1年の中身で見ると、10月ー12月の回復ぶりが著しいとのこと。
この勢いで行くとひょっとして2011年は久方ぶりの広告回復の記念すべき1年となるかもしれない。

なんだかんだいって、まだまだ広告は元気なのである。

しかしながら、冷静に今回の発表をみると、この先広告業界が回復するか否かの大きな転換点にあるようだ。

この勢いを確かなものに変えられるか、このままフェイドアウトしてしまうのか。
業界のアドマンの意欲と取り組み方次第だと思う。

そういう意味では、業界挙げて積極的にチャレンジすべき1年なのだろう。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/961-b5269c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad