アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

グレートカンパニー化こそ、最高の業績アップ法。

船井総研の五十棲剛史氏が書いた「グレートカンパニーのつくり方」を読んだ。



グレートカンパニーとは、業績が良いだけではなく、社員にも社会にも優しく
素晴らしい経営をしている会社を指す。
船井総研では、コンサルティングをした会社の中からこうしたグレートカンパニーを表彰する
グレートカンパニーアワードを制定している。

さて、五十棲氏は本書の中で、今のマーケティングを大きく3つに定義している。

「プッシュ型マーケティング」
「プル型マーケティング」
コミュニティ型マーケティング」の3つだ。

お分かりのように時代は、プッシュ型→プル型→コミュニティ型と進化してきている。
しかしながら、いまだプッシュ型を脱却できず社員に売上ノルマを課し、
悲鳴を上げさせている会社も多い。
こうした会社はとにかく売上を上げることが最優先で、お客さんは二の次になってしまう。
成熟した消費者からはこんな会社のカラクリはすぐ見破られてしまうのだ。

グレートカンパニーはイコール、コミュニティ型マーケティングを主体とした会社。
頑張って売るのではなく、自然に売れ続ける会社であり、社員にもお客さんにもストレスは少ない。

グレートカンパニーを目指すには経営者の覚悟が大切と五十棲氏。
その道のりは大変そうであるが、逆にそこを目指さなければ生き残れない時代でもある。
経営者の理念が重要な時代なのだ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/959-2ed257aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad