アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

中小広告会社は戦略がないのが戦略?

人殺し以外何でもやります、という社長がいるほど、広告会社はいろいろな事に手を染めてきた。

確かに情報が閉鎖的で情報量が限られていた時代は、その広く浅くが重宝されていたようにも思う。

しかしインターネットのおかげで誰もが同様に情報を入手できるようになった今は、
さすがにそれでは通用しない。
広告会社の社員より情報通のクライアントは山ほどいるのだ。

そんな時代に重要なのは、「捨てる」という考え方である。
そう、ランチェスターでいう、選択と集中だ。
ある業種、ある分野を深く掘り下げ、どこにも負けない強みを作ること。

だが、それが一向に進まないのには理由がある。
やっかいなことに、「捨てる」ことが必要な経営者ほど、一時の成功体験があるために、
プライドが異常に高いときている。

何でもできるということは何にもできないと言うことに等しい時代。
そろそろ気づいてビジネスモデルを転換しないと、コップの水は限りなくゼロに近い。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/95-cd8cf2ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad