アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

オガワカズヒロの片割れ小川浩氏の新作は「Facebook超入門」

漫才コンビのそれぞれの名前が覚えられない以上に、
オガワカズヒロのどっちが小川浩氏でどっちが小川和也氏か、私を含め大抵の人はわからないのではないか。

何はともあれ、ソーシャルメディアの世界では有名人のオガワカズヒロのひとり、
小川浩氏が書いた新作「Facebook超入門」を読んだ。



ただの入門ではなく超入門である。
フェイスブックのフェの字も知らない初心者に向けての1冊かと思いきや、
案外レベルは高く、最低限使う本というレベルではなくちゃんと仕事で活用できる本となっている。

またところどころに鋭いコメントも用意されていて、ちゃんとオガワカズヒロ流になっているのも感心した。

たとえば、映画「ソーシャルネットワーク」のプロモーションについての1節。

さすがにフェイスブックを扱っているので、ソーシャルメディアをうまく活用しているが、
ひとつだけ残念なことがある。

それは、フェイスブック上に公式ファンページを置かなかったこと。

また、プロモーションのメインサイトにトレーラーを置いているが、
それがフラッシュであること。そしてサイト全体をiPhone対応にしていなかったことだ。

アップルのモバイル製品ではフラッシュで作られたサイトやムービーは読みこめない。

フェイスブックやツイッターのヘビーユーザーの大部分がiPhoneユーザーであることは
誰でも知っていることなのに。

僕がキャンペーン担当なら、パソコン、iPhoneを含むスマートフォン、
一般携帯電話のすべてに同一のドメインでアクセスできるようなつくりにする。
トレーラーを見て、それをツィートしたりシェアするのが自然だから。
ツイッターアカウントだけでなく、ファンページもつくる。
それらすべてをして初めてSMO対策を万全にしたといえる。

以上、ソーシャルメディアのプロモーションに経験豊富な小川氏ならではの指摘である。

AKB48の板野友美のソーシャルメディア展開など実例も豊富であきさせない。

超入門ではあるが、ソーシャルメディアを仕事で使おうと考えている人にも十分に対応できる1冊、
安心しておすすめできる。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/948-0086ec35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad