アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京井良彦氏「ロングエンゲージメント」

本年最初の1冊、電通の現役社員、アカウントスーパーバイザー京井良彦氏が書いた
「ロングエンゲージメント」を読んだ。



京井氏は、さとなおこと佐藤尚之氏のサトナオオープンラボにも属し、次世代のソーシャルメディアを
活用したコミュニケーションを研究中。

副題に「なぜあの人は同じ会社のものばかり買い続けるのか」とあるように、
企業が生活者とどのように関係づくりを計っていくべきかを広告会社の立場から書いた1冊である。

タイトルの「ロングエンゲージメント」とは、まさにその答え。

企業が生活者と長期の良い関係=絆を積み上げることにより、
共感に基づいた売上獲得ができるとという考え方である。

今広告の現場では、かつて広告が熾烈に繰り広げらていた「アテンション獲得競争」の時代が終わり、
生活者との間に共感を作るといういわば「共感獲得競争」の時代に入っていると京井氏は語る。

そして共感を作るための手段として、活用されているのがツイッターやフェイスブックなどの
ソーシャルメディアなのだ。

商品やサービス自体がコモディティ化している今、短期に売上を獲得するためには、
値引いて売るというのがわかりやすい話であるが、それでは一時は潤うかもしれないが長続きはしない。

長続きさせるためには、生活者との間に良い関係を作っていかなければならないのだ。

単純な話のようにみえるが、長い間に積み上げられてきた価値観はちょっとやそっとでは変えられない。
変えたとしても、ちょっと結果が出なかったりすると、すぐ昔に戻ってしまう。
つまり生活者と良い関係(=絆)を創るためには我慢と継続が重要なのである。

京井氏は、最近の「良い広告は目に見えなくなってきている」と
これからの広告のキーワードを投げてくれている。

しばらく前に最近広告のパワーが落ちたとか効かなくなったという話が良く出たが、
実はアテンション型の広告が目立たなくなっただけで、どっこい広告は姿を変え生き残っているのである。

アドマンのみならずすべての企業人が、
これからの広告の姿、企業と生活者のコミュニケーションの在り方を模索するのは最適の1冊のような気がする。

特に1年のはじめに読む1冊としては、今後の自分自身の立ち位置を確かめるのにふさわしい1冊であった。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/924-3e29e0ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。