アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

小田和正の想い「クリスマスの約束」。

この年になるとクリスマスだからと言って特別なことはないが、
唯一と言ってもいい楽しみが、TBSの「クリスマスの約束」を観ることだ。

年に一度、クリスマスに小田和正が縁のあるミュージシャンを呼んで、
ライブを行うというものだ。

早いもので今年で10年。
初回から観ているが、初回は小田和正が共演してみたいミュージシャンの
リクエストを出してスタジオに呼ぶというもの。
確かほとんどのミュージシャンが様子見でスタジオにはやってこなかった。
こないということで楽しかった珍しい思い出がある。

そして昨年。集まったミュージシャンたちがそれぞれ自分の曲を歌いつつ
全員で歌い継いでいくという形。

小田和正も涙を流したように、出演者も観客も、そしてテレビの前の自分も涙、涙、涙・・・
感動の嵐がスタジオを包み込んだ。

その2010年版が昨夜放送された。
今年は参加のミュージシャンがスタートから出演し、それぞれ自身の曲を歌う。
その他のミュージシャンはコーラスで1曲を作り上げるというものだ。

昨年クライマックスという感があったので、今年はどうなるんだろう?と少し心配したが、
今年はシンプルな形に戻って、「歌うことで伝えられることは何か」の原点に帰ったような気がした。

社会貢献だとか、誰かを救うとか、大上段のテーマがないことが良い。
ただ心から歌うこと、それだけに集中し、あとは観る人が感じるままに感じてくれればよいという感じの
小田さんの潔さが心地よかった。

昨年も書いたが、こういう番組がひとつでも多くなれば、日本ももう少し幸せな方向へ向かうのではないか。
小田さんの想いに応えるスタッフの陰の力に感謝したい。

出演者:
小田和正

根本 要(スターダスト・レビュー)
大橋卓弥・常田真太郎(スキマスイッチ)

ゲスト:
キヨサク(MONGOL800)
清水翔太
JUJU
玉城千春(Kiroro)
松たか子
山本潤子

PS:それにしてもCMブレイクの多さが気になった。夜遅い番組なのでCMチャンスの貴重さは
   わかるが、それにしても雰囲気が台無しになる。事情はわかるだけに胸が痛む思い。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/917-b2c151dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad