アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会のために役立つこと。「責任革命」を読んで。

エコについての意識は?と聞かれると、せいぜいエコバッグを使う程度。
今までエコについて真剣に考えたことがなかったというのが正直なところだ。

そんな意識レベルである私が「責任革命~あなたの仕事が世界を変える」を読んだ。
単純であるが、この本を読んで久しぶりに自分の自覚のなさに身震いを覚えた。
すでに進んだ企業の考え方はここまで達しているのである。
この本に出会えなければのほほんとして暮らしていくだろう。それほどにインパクトの強い1冊だ。



著者のティム・サンダースは元ヤフーの最高ソリューション責任者(CSO)。
今は独立して講演やコンサルティングに活躍しているとか。

本書は、まず企業の役割が変わってきていることをあらゆる角度から教えてくれる。
ただ利益を上げればいい、そんな時代はとうに終わっているのだ。
従業員の幸せ、協力会社の幸せ、地域住民の幸せ、あらゆる幸せを考えてビジネスを続けていく必要がある。
そして究極は地球全体の幸せだ。

利益を上げるだけでもいっぱいいっぱいなのに、それ以外のことなど考えられない、
などとのたまう経営者は今すぐ社会から退場すべき。この本を読めばその理由がわかるというものだ。

先にも書いたが、という私自身も今まで社会貢献というものを真剣に考えてこなかったが、
この本を読んで考え方が変わった。

パタゴニア、アヴェダなどすでに「社会をよくする活動」に一貫して取り組んできている
会社の実例はもちろん、あまり耳馴染みのない会社でも懸命に取り組んでいる例まで、
それぞれに読んで強い覚悟を感じた次第。

このような活動をしながらほとんどの会社は大きな成長を遂げている。
強い意志があればやはり社会貢献と利益は両立できるものなのだ。

何ができるか考えてみよう。何でもいい小さなことから取り組んでみよう。
行動がすべてである。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/913-2baed55e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。