アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育成ドラフト6位指名、妻は市役所職員。

先週号のアエラの記事で知った。

育成ドラフト6位指名の選手とは、ロッテの背番号66、岡田選手。

中日との日本シリーズでは最後の最後に3塁打を放って男を上げた、あの選手である。

ロッテ岡田選手

記事によると、岡田選手は作新学院から日大へ進みプロ野球選手への順調な道を歩んでいたが、
肘を壊し大学を数カ月で中退。

その後故郷に戻り、クラブチームから這い上がりロッテの育成選手を経て今年1軍に上がった、苦労人。

そしてその岡田選手の奥さんは、いまだ市役所職員として働き夫を支えているという。

その妻は語る。
「プロ野球選手は明日がどうなるかわからない。子供を食べさせていくためにも、
仕事を捨てることはできないですね」と。

華々しくプロに迎えられて花が咲かずに終わる選手がいるかと思えば、
岡田選手のように、回り道をしても地道に花を咲かせる選手もいるからおもしろいのだ。

考えてみれば、プロ野球選手として活躍する期間はせいぜい10年~20年である。
人生はその何倍も長い。

だから辞めた後の人生も考えて地道に働き続ける奥さんは貴重な存在だ。
こういった選手がもっともっと活躍できる場が増えるとプロ野球も盛り上がるのではないか。

岡田選手は、来期こそ1軍定着の試練の年となるだろう。
妻と二人の娘のために、頑張る岡田選手の雄姿を楽しみにしたい。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/886-313be6e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。