アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

自分というフィルター。

自分が本を選ぶ基準はなんだろう。

もちろん多くの人は自分が読みたいと思う本、と答えるだろう。
もしくは、今勉強中の人は、その勉強に関連した本と答えるのではないか。

それでは自分の場合は。

ブランディングに関する本。
ブランドをつくるディレクター、ブランドを確立された経営者の書いた本の類である。

次いで、広告に関する本。
コピーやデザイン、テレビコマーシャルについて書かれた本だ。

最後に、メディアに関する本。
クロスメディア、特に最近はソーシャルメディア、ツイッターやフェイスブック、ユーストリームなど。

あらためて書きならべてみると、
自分がもともと得意な分野をさらに深く掘りたいために、本を選ぶ傾向が強い。

逆にいえば、自分の苦手を克服するため、見識を深めるために本を読むことが少なくなっている。

どうも年齢を経て、楽な道を選ぶようになってきているようだ。

有名人の書棚を紹介する雑誌の連載があったが、その人の性格が透けて見える気がした。
知らない人が私の書棚を見たら、果たしてどんな性格に映るのだろうか。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/878-40f2c456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad