アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

水野学、アイデアはこう考える。

グッドデザインカンパニー、アートディレクターの水野学氏の新作が出たので読んだ。

タイトルは「アイデアの接着剤」



彼の広告アイデアがどのように生み出されているのか?その一端に触れることができる貴重な1冊である。

この本を読んでわかったこと。

彼のアイデアの源泉は、他の人より秀でた客観性。
その客観性と主観性の間を行ったりきたりしてアイデアが少しづつ形になっていく。

特に印象に残ったのは頻繁に登場する「大義」という言葉だ。
大義があるかないかで仕事がぶれるかぶれないかが決まる、
彼にとっては、それほど重要なポイントなのである。

佐藤可士和氏との共通点、それは夫人が有能なプロデューサーであるということだ。
その支えがあってこそ、彼らのすばらしい仕事が生み出されているのあろう。

アートディレクションはもう紙の上だけのものではない。あらたまて感じた次第。

ちなみに水野氏は、一人っ子だそう。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

天皇賞 秋 2010

第142回 天皇賞 秋 2010 今年の波乱を大予想!出走馬の厳選された情報だけを公開…気になるアノ馬の仕上がり具合とは?さらにオッズやデータを分析し、必勝買い目を導き出す!結果につなげるのはあなた次第!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/861-ad84b498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad