アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タダより高いものはない?ゼロ円ビジネスの罠。

昔からよく言われる、タダより高いものはない。上手い話には気をつけろという教訓だ。

ところが最近、新型の無料ビジネスが幅を利かせている。

デジタルの世界では、際限なくコピーが作れるので、お試し無料、その後から有料というビジネスが
当たり前の世界になってきた。

しかし、よく考えてみれば普通の理解できることであるが、それぞれがビジネスとして利益を
あげなければ存続できないのは当然で、最初から最後まで無料では商売上がったりとなる。
単純な話であるがところがどっこい、それが良くわからず詐欺に巻き込まれるというケースが相次いでいるのだ。
それだけ手口も巧妙になっているのと同時に、無料に慣れてしまったという面もあるのだろう。

今回読んだ「ゼロ円ビジネスの罠」は、そんなゼロ円ビジネスに警鐘を鳴らすとともに、
なぜゼロ円ビジネスが長続きしないかを多面的に解き明かしている。




わかりやすいゼロ円ビジネスというと、広告型のビジネスモデルが多い。
たとえばタダコピのようなコピー用紙の裏に広告を付けて広告収入で成り立っているもの。
ただ難しいのは、タダゆえに資源を無駄に使うということにも成りかねない。
社会的に批判を受けて結局は続かないということになってしまうケースも多い。


ゼロ円ビジネスのからくりを知ることで、自己防衛にもつながる。有意義な1冊である。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/856-d33d4c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。