アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

iPadが創造する180度のコミュニケーション。

松村太郎氏が書いた「タブレット革命」を読んだ。



タブレット革命とは、iPadに始まるこの先続々と登場するタブレットデバイスによって
生みだされる出会ったことのない近未来。

著者、松村太郎氏は、慶應義塾大学SFC研究所の研究員、
嘉悦大学、ビジネス・ブレークスルー大学の講師、
さらにはキャスタリアの取締役、フリーのプランナー、ジャーナリストという多彩な顔を持つ。

ただし一見無関係のキャリアと見えるものの、肩書きは違っても
「テクノロジーとライフスタイルの関係性」というひとつのテーマを追いかけているのだそうだ。

年齢は30歳。今までIT、インターネット、デジタル関係のさまざまな人の本・文献を
読んできたが、松村氏の造詣の深さと理解力はかつて知った他の人をはるかに凌駕している気がした。
凄い人が出てきたというのが率直な感想だ。
年齢的にはデジタル・ネイティブの走りだろう、新しい時代到来の予感を感じる。

パソコンは90度、すなわち立てて使うことで、どうしてもそこに壁ができてしまう。
対してデジタルデバイスは180度。前に壁がなく自然と周りにコミュニケーションが生まれる。
この違いが、松村氏が「タブレット革命」と名付けたように、今までとはまったく違う
新しい時代を運んでくるのである。

松村氏が今特に重点的に取り組んでいるのが、ソーシャルラーニングという分野。
大学での授業と大学外での学びとの連携など、さまざまな新たな取り組みが始まっていることが、
本書を読んでわかった。

広告のスタイルがどのように変わっていくのかも、本書を読んでいると何となくであるが、
想像が容易になる気がする。

タイトルの大げささからやや手に取られにくさはあるが、内容は盛りだくさん、
グーグルの次は?を知りたい人には、まさにおすすめの1冊だ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/842-30d483cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad