アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松久信夫氏「出社は月に3日でいい」。

松広信夫氏は、70歳にして森松工業株式会社の現役社長。

その森松氏の書いた「出社は月に三日でいい」を読んだ。



70歳の人生の回顧録的な色合いも強いが、それだけではないのは、
松広氏が今話題のクラウドコンピューティングの実践者であること。

タイトルの「出社は月に三日でいい」の理由は、実際に松広氏は月に2,3度しか出社せず、
それ以外の日は、自宅と会社の間にある喫茶店で仕事をしているから。

日本と中国の両方で7つある向上にWEBカメラを取り付け、遠隔で監視、
気づいたことがあればメールで指示を出している。

立派な社長室もなく、秘書も置かずで年間2000万円のコスト削減につながっているとか。

松広氏は自他共に認めるワンマン社長だそうだが、メールを駆使するにあたっての持論があるそうだ。

それは、部下を褒める時は直接メール、叱る時は上司経由の間接メールと決めているのだ。

ついついメールの手軽さを借りて直接叱ることが増えそうだが、そこは部下の心を
掌握できる能力に長けているのだろう。
メールだからこそ、そこまでの気遣いが必要なのだ。

年齢70歳にして、クラウドを駆使し、コミュニケーションの本質を知る、
恐るべき経営者。そのエッセンスが1冊に凝縮されており、
経営が何たるかで悩みを抱えている企業幹部にもおすすめである。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/834-da29a673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。