アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スシローの躍進を支えるのは、有能な外部ブレーン。

できればこういう裏側は知らない方がよかった。そう思ったのは私だけだろうか。

永田雅乙氏が書いた「顧客満足度№1のチームマネジメント~スシロー7つの秘訣」を読んだ。



永田氏自身も、チームスシローと呼ばれる外部ブレーンのひとつ、
株式会社ブグラーマネージメントの社長で、店舗での現場研修を担当している、

永田氏の会社以外にも、
ブランディング戦略を担当する博報堂、市来氏、
戦略PRを担当するベクトルの西江氏、
そして驚きなのは、経営企画までアウトソーシングしており、担当しているのが
ジェネックスパートナーズの高橋氏。

つまり企業経営の核の部分をほとんど外部の人間に担当させるという斬新さ。

スシローは立ち食い寿司が発祥と聞いていたので意外な印象を持った。
と同時に、完成されたシステムで動いていると知って、今まで抱いていた
手づくりの寿司のイメージとのギャップに寂しさを覚えた。
ここまでの規模になると、やはりそういうことだったんだ・・・

このような一流の外部ブレーンに支えられている背景には、
2007年のユニゾン・キャピタルとの資本提携がある。

この時点から役員にユニゾン・キャピタルの人間が加わり、
寿司屋のアナログ経営から論理的なプロフェッショナル経営に一気に転換した。

先にも書いたが、このプロフェッショナルたちが
第二の創業からの躍進に果たした役割を7つの秘訣として紹介している。
家族的経営からさらに高みを目指す時には、こういった外部のプロの力を
借りなければならない時は訪れるのだろう。

この1冊には、そのエッセンスが凝縮されている。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/827-0403e93d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad