アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドマンは今こそ勉強するときかも知れない。

勢いで生きた感がある、40代から~50代のアドマン。

アウトプット優先でインプットをしてこなかった結果として、
息も絶え絶えの今がある。

そのまま行ければいいが、悪いことに時代が大きく変わってしまった。
インターネットのせいである。おかげと言えない世代だ。

時代が後退して時間的には余裕があるだろう。
ここらであらためて勉強し直すのもいいかもしれない。

というわけで、アドマンの教本がシリーズで登場している。

既刊本が3冊。

広告ビジネス



ブランディング



広報・PR



と続いてきた。

新しい事例、考え方もバランスよく取り入れられている。

いい機会だ。本腰を入れて勉強してみないか。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

はじめまして。

たまたまタキソウ家具を検索してましてたどり着きました。

書籍などのご紹介や考察など、参考にさせていただけるblogだと数ヶ月分一気に拝見させていただきました。

私は48歳で自営デザイン屋なのですが、80年代後半にこの家具屋さんのチラシを一時期デザインしてたのを思い出しまた。
当時はまだギリギリ婚礼家具がそれでも売れる頃でしたが、
ロゴや扱う商品からしてイメージ変えるというのはやりたくない方向性でしたね。その後私はフリーになり得意先ではなくなったのですが、打って出た多店舗展開が始まり驚きでしたね。驚きというのは、これはマズイんじゃないか?という驚きです。

当時でもブランドイメージが頑なな古いニュアンスがありましたので、ここに来て時代とのズレが大揺れになってしまいました。


トータルで提案や予測するべき企業の友となる代理店などが不介在、ワンマン、ブライダルやライフスタイル価値観の見誤り。やはりこうなってしまったのはそれなりに理由があるということなんでしょう。


話変わりますが、これから20年くらいは進みたい系と立ち止まりたい系の二極化かなと思います。
mixiでは自然と増えた約330人のマイミクがおりますが、やはり40後半くらいで別れてる傾向はありますね。

都会的と地方的、
グループ指向とパーソナル指向、
尖りたいか丸くしたいか、のような軸もあってそのあたりのシンクロも含めて、広告の手段やデザインや方向も違う効果や流れが期待できそうです。

日本の消費は押しなべて商品の幅が無い、選択肢は多々あれど個性的なものが奇跡的に混じっている程度で、ニーズを引き出すもなにも、まだまだ提供する側も選択する側も半径が狭いとしか表現しようがないですね。
言葉を返せば、まだまだなんとかできる、ということだと思います。

  • 2010/08/29(日) 06:32:29 |
  • URL |
  • Bob #6Xkfc5TM
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/819-ab73a19f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。