アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

コピーはつくるものではない。見つけるものだ。

コピーを考える必要があって、あためて岩崎俊一氏の「幸福をみつめるコピー」を読んだ。



岩崎氏は私より7歳くらい年上であるが、現役のコピーライター。
同世代のコピーライターが亡くなったり現役を退く中で、ある意味衰えを知らないというのが私の印象。

サントリーオールドの「一度、ふられていらっしゃい。」や
リザーブの「あなたの近くが、いちばん遠い」など、派手さはないが私好みのコピーがたくさんある。

そんなひとつ、東京海上日動サミュエルの谷内六郎氏のイラストを使ったシリーズで書いたコピーが、
「蚊帳を張るとドキドキした。あれは家の中のキャンプだった。」

私あたりが、ほんとそうだ!と言えるおそらく最後の世代だろう。
自分の家でも、夏になると蚊帳は定番で、雷が鳴ったりすると、家族揃って蚊帳の中でやり過ごした。
今ではい体験できない、心温まる思い出である。

タイトルに掲げた「コピーはつくるものではない。見つけるものだ。」という
岩崎氏の信条をまさにそのまま具現化したような見事なコピーだ。

肩の力が入れば入るほど、コピーは独りよがりになる。
岩崎氏のコピーは、まさしく自然体。それは、つくっていないからである。
コピーはつくづく奥が深いと思う。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/808-361e6f33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad