アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

最近、AR、ARって騒がしいけど、ARって?

ARが何たるか、この1冊を読んですっきり腑に落ちた。

小林啓倫氏が書いた、その名も「AR-拡張現実」。



そうARとは拡張現実という概念、技術のことで、本によれば、一般的に
「情報技術を使って、現実空間に何らかの情報を追加すること、あるいはそれによって
 情報が追加された(すなわち「拡張」された)現実空間」と定義されているようだ。

ARというと思いだされるのが「セカイカメラ」であるが、それだけでなく、
様々な分野でARを使ったサービスが始まっている。
ARが作る未来がはかりしれない可能性を秘めたものであることがよくわかった。

本書では最近の事例として大きく話題を集めた「実物大ARエヴァンゲリオン」も紹介されている。
そのイベントが展開された経緯から、実現にあたっての苦労話、などなど、
エヴァンゲリオンファンにはたまらないエピソードではないか。

またアドマンが興味津津の広告/プロモーション分野の事例としては、
オリンパスのPENのプロモーションサイトの話が興味深い。

またたく間に驚くほどのスピードで進化しているARの世界。

アドマンも知らないでは済ませられない技術であることは間違いないし、
この先、アッと驚くような広告事例も誕生するだろう。

まずはこの1冊で、ARとはをおさらいしておきたい。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/803-9bbbe9fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad