アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

1日1分 生きる力。

死ぬこと以外はかすり傷、という帯のコピーに惹かれて手に取ってみたのが、きっかけ。
ページをめくると、魂を揺さぶるような珠玉の言葉の宝庫だった。

小泉幸仁氏が書いた「1日1分 生きる力」を読んだ。



プロフィールを見てみると、私と同じ、53歳くらいということがわかった。
同年代を生きてきたことでおそらくは同じような価値観を持っていると思う。

だからというわけではないだろうが、言葉が身体にしみ込んでくる。

どんな困難にぶち当たっても、人はこうだと決めた道を愚直にひたすら進むべき、というのがテーマだ。

たとえば次のような話。

「神様、そう来ましたか!」ピンチが来た時には、こう口に出しましょう。
試練は、神様があなたに与えるものならば、神様はあなたが超えられない試練は絶対に与えません。

中略~

ピンチは試練ではなく、転機なのです。早くそこに気づいてください。
そして、気づくだけではいけません。変わるのです。
変わるための魔法の言葉と態度が「神様、そう来ましたか!」これなのです。

神様、そう来ましたか!

ネット上でアムウェイと筆者の関係などがとやかく言われているようで、
そういう意味では自己啓発本なのかも知れないが、単なる自己啓発本ではない。

困難を迎えているならば、元気と勇気を貰える本であることは間違いない。
この本を読む上で、それ以上、難しく考える必要はないのではないか。
まずは無心で読んでみることだ。
そしてそこから得られることを自らの次のエネルギーとすればよい。そう感じた。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

MLM・ネットワークビジネスの成功ノウハウを販売しております。
おかげさまで販売数も700部を突破しました。

貴ブログで販売協力をしていただけると助かります。
どうぞ宜しくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/793-14a26622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad