アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲイリーの稼ぎ方~ソーシャルメディア時代の生き方・考え方

アメリカでワインを販売して4億円の売上を50億円に伸ばしたという、
ゲーリー・ヴェイナチェック。

彼が書いた「ゲイリーの稼ぎ方」を読んだ。



彼がどのようにしてその売り上げを短期間に伸ばしたのか、その成功の秘密がこの本にぎっしり詰まっている。

ゲーリー・ヴェイナチェックは、誰よりも上手くしかも速く、ツイッターやユーストリーム、フェイスブックなど、
ソーシャルメディアを駆使する男。

本書内で紹介されているソーシャルメディアの使い方はすべて的を得ている。

しかしそれ以上に私が感心するのは、彼のモチベーションの高さだ。

ユダヤ系移民としての苦労もあるのだろう、とにかく好きなことであれば、
誰よりも長時間働いても苦ではないはず、という至極あたりまえの考え方。

そこまでやり切れば、自分と同じように誰でも成功を手にできると言わんばかり。

いいアイデアを思いつく人はいてもそれを実行に移せる人は本の一握り、と昔からいわれる。
つまり、やるのとやらないのでは雲泥の差なのだ。
そういう意味では、ゲイリーは超実践型の男である。

本書はもちろんビジネスのノウハウ本ではあるが、同時にセルフブランディングの本でもある。

これからのビジネスは、会社の規模やお金ではなく、いかにブランドを作れるかに
かかっていると彼の本を読むと気づかされる。もちとん個人も同様に。

大手企業でさえ倒産する、常識が通じない現代。
過去に体験したことのないピンチは、同時に過去に出会えなかったチャンスの時。
そう信じて、好きなことにすべてをぶつける。そんな覚悟があれば何とかなるとゲイリーが背中を押してくれる。
ある意味、勇気と元気を貰えた1冊となった。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/781-6ca4a991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。