アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

歌声喫茶ならぬ歌声列車が大ヒット。

1950~60年代にぎわったという歌声喫茶。
というひと事のような表現をするのは、自分の少し上(つまり団塊世代)の世代の話で、
実際に行ってみたことはないからだ。

そんな当時の雰囲気を再現した鉄道日帰りツアー「歌声列車」が各地で人気を呼んでいるというニュースを
ヤフートピックスで読んだ。

近鉄の試みで、今月6日に吉野に向かう片道1時間40分の貸し切り列車内で、
年配の男女130人が、ガイドのリード&ギター伴奏で、
当時の名曲「高原列車は行く」をはじめ、約20曲を歌い上げたという。
当時のいい思い出がよみがえったと好評とのこと。

良いものであるのに時代の流れの中で埋もれて行ってしまったものは多々ある。
リサイクル品がブームであるように、ライフスタイルもリサイクルで新しく蘇るのではないか。

そう考えればまだまだ埋もれているヒットの種は多々ありそうだ。

逆に、年配者だけでなく若い人にも、まったく新しい流行として意外と受け入れられたりするのかも知れない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/761-6f26978c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad