アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

雨天の友が、真の友。

鳩山内閣が退陣して、新たに管内閣が誕生、本格的に始動した。

タイトルの「雨天の友が、真の友」は、少し前になるが鳩山内閣退陣の時、
両院議員総会で議員を前に発したあいさつの一文。

全文は以下のようだ。

雨の日は雨の中を、風の日は風の中を自然に歩けるような、苦しい時には、雨天の友。
お互いにそのことを理解しあいながら、しかし、その先に国民の皆さんの未来というものを、
しっかり見つめあいながら、手をたずさえて、この国難とも言えるときに、ぜひ皆さん、
耐えながら、そして国民との対話の中でで、新しい時代をつかみとっていこうではありませんか。

雨天の友とは、逆境の時に支持してくれる友人。また、厳しい忠言をしてくれる友人。
三木元首相が使った言葉とされている。

以前にも、花見の会で「雨天の友」を話している。

鳩山前首相が大変な時期で、相談できる真の友を探していたのだろうか。

自分自身も、今回の一件では多くの友人や知り合いから、いろいろな形で激励をもらった。
それが力になったことは間違いない。

雨天の友を、忘れてはいけない。自分自身が雨天の友にならなければならない。
肝に銘じておきたい。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/757-89d5c9c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad