アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

ユーストリーム関連書籍第一号、「USTREAM 世界を変えるネット生中継」

ツイッターに続き、2010年はUSTREAMの年と言われている。
本書「USTREAM 世界を変えるネット生中継」は、そんなユーストリームの新しいムーブメントの最先端を捉えた
まさに旬の1冊である。



今までに関連本はないというだけに、まずはユーストリームの魅力から、ユーストリームの視聴方法、
ユーストリームでの生中継の始め方など、観る人、発進する人、双方の視点を持った入門書であり、
まずはこの1冊があれば、ユーストリームの入り口に立てる。

私自身今まではというと、
ユーストリームは、ネットで生中継ができる動画サービスという認識であったが、
実はユーストリームの魅力はリアルタイムの動画配信が無料でできること以上に、
ツイッターと連動させたソーシャルストリームに最大の特長を持っている
動画コミュニティサービスにあるということに本書を読んであらためて気づかされた。

そういう意味では、ユーストリームはツイッターの進化形であり、
ツイッターの次はユーストリームと言われる理由がよくわかる。

このように急速に盛り上がるユーストリーム熱であるが、まだまだ発信者は少ない。

インターネットのビジネス利用を考えているなら、まずユーストリームで実際に発信してみることだ。
いや単に発信するだけでなく使い倒すほどのめり込んで初めて、
これだ!というアイデアが浮かんでくるのではないか。
思うのと使い倒すのでは、ネットの世界では天と地ほどの差があるのだ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/746-67792dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad