アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実はいったい・・・。映画「グリーンゾーン」を観て。

ハートロッカーに続く、イラク戦争映画「グリーンゾーン」を観た。

グリーンゾーン

同じイラク戦争をテーマとしているものの、このグリーンゾーンは、
実際は存在しなかった破壊兵器を、所持しているという理由で戦争に踏み切ったアメリカの無謀さを取り上げた、
どちらかというと反米の色合いが強い映画だ。
実際、アメリカで上映された時は、親米派からは非難を集めたという。

ハートロッカー同様、こちらも最後まで息つく暇もないほどの臨場感で、
まさに自身が戦場にいるような気にさせられた。

それだけに、あたかもこの映画が真実であるかのような錯覚を覚えてしまう。
裏を返せばそれだけリアリティを追求した完成度の高い映画と言えるのであるが・・・

主演のマット・デイモンは気に入りの男優のひとりだ。
今回ボーンシリーズのパートナー、ポール・グリーングラス監督と三度組んだわけであるが、
周知の仲であるだけに、彼の寡黙であるが強い意志を持つキャラクターが存分に活かされている。

それだけに、先の話に戻るが、戦争映画がここまで完成度高く作られてよいのかと
疑問を持ってしまう訳だ。
この映画を見る限り、アメリカ合衆国が主導したイラク戦争はまさに犯罪に近いとの認識になる。
はたして事実は・・・と疑問を抱く人はまだ良いが、すんなり受け入れてしまう人を想定すると、
映画だからとはいえ、いささか怖い話ではある。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/742-a67b6cf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『グリーン・ゾーン』お薦め映画

周知の事実でも描き方次第。情報が錯綜するサスペンス的要素と、終盤のアクションに緊迫感、臨場感があり、なかなか見応えのある作品であった。主人公と同じ目線で真実に近づいていく気分が味わえる。

  • 2010/05/30(日) 17:47:55 |
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。