アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五十棲剛史氏、人の10倍の「仕事量」をこなす技術。

船井総研の名物コンサルタント、五十棲剛史氏の新作新書、
人の10倍の「仕事量」をこなす技術、を読んだ。



2倍、3倍の仕事量であれば、今の改善で何とかなるが、10倍となると、
小手先のテクニックではなく、ドラステックな改革が必要となる。
そのためには、やることやらざるべきこと、選択と集中が重要となる。
苦手なことは、やらないという選択肢が必要だ・・・

過去にも紹介したように、
相変わらず、切れ味鋭く、かつわかりやすい書き口である。

五十棲氏が、10倍の仕事量をこなすためにまずしたことは、名刺からメールアドレスを削除したこと。
これにより、頻繁にメールをチェックし、それに対応するわずらわしさから解放された。
メールアドレスを削除するとは、へたをするとコミュニケーション低下を招きそうであるが、
先にも書いたように、それくらい思いきらないと、10倍の仕事量はこなせるようになれない、ということだろう。

同様の例が、コンサルタントを始めたころの考え方にも垣間みえる。
五十棲氏が船井総研に入社した当時、すでに住宅関連に携わるコンサルタントは船井総研の中にも
何名かいたそうであるが、その中で№1となるために、あえて「住宅のリフォーム」と狭い分野に
特化したのだそうだ。

本書を読んで思うことは、仕事術の本であるが、同時に、パーソナルブランディングの本とも言える。

風が吹けば桶屋が儲かるではないが、個人が立つということは、結局、相手がどんな仕事を頼むべきかがはっきりし、
余分な労力を使わなくて済むので、効率が良くなって飛躍的に量をこなすことができるようになると
言うことではないか。
自分自身を」仕組み化する、マーケティングの基本そのものだ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/733-f23a8d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。