アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

d design travel、第2弾は「鹿児島」

ナガオカケンメイ氏の新展開、d design travel。北海道に続いて、鹿児島が発売された。


 ↑こちらは北海道編、アマゾンでは鹿児島編は見当たらず。

d design travelは、ナガオカ氏のテーマ、ロングライフデザインの観点から日本各地をめぐる旅、
名付けて「デザイン観光」を紹介する本。

今後47都道府県を1年4冊のペースで出版していく予定だそうだ。

1冊目の北海道から、今回2冊目は鹿児島。寒い北から南、季節も春ということで、
土地土地が持っているエネルギーのようなものが、より強く伝わってくるような気がした。

何気ない鹿児島の日常が、ナガオカ氏の手にかかると、活き活きと個性いっぱいに主張してくる、
明日にでも行ってみたい衝動に駆られるのだ。
よくある旅行雑誌とはひと味もふた味も違う、ライブ感あふれる1冊である。

このd design travelの編集の考え方が興味深いので紹介しておく。

1.必ず自費で利用すること。泊まり、食事し、買って使うこと。
2.本音で書くこと。
  取材相手の原稿チェックは、事実確認だけに留めること。
3.カメラは一般向けのもの1台ですべて撮ること。
  フィルターや特殊なレンズを使わないこと。
4.問題があっても、薦めたい何かがあれば、
  問題を書きながら薦めること。
5.ロングライフの視点から、ものを見ていくこと。
  継続しそうにないものは、取り上げないこと。
  流行的なものは取り上げないこと。

編集方針を読むだけでも、彼の求める「ロングライフデザイン」とは何なのか、よくわかるというものだ。

名所旧跡を急いで回る、観光メインの旅を求める人には、この本は合わないだろう。
言ってみれば、ゆっくり時間をかけてその土地の空気を深呼吸するような旅。

この本を読んで、そんな旅が無性にしたくなった。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/729-8ae87f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。