アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

百貨店テナントの勢力図が変わりつつある。

百貨店のテナントというと、ひと時代前は、シャネルやグッチ、ヴィトン、プラダなど、
世界の名だたる高級ブランドが相場だった。

その勢力図が大きく変わりつつある。

その顕著な事例が、この4月に大丸京都店にオープンする、ポイントの「コレクトポイント」だ。

知名度も上がっているポイントは、グローバルワークなど、低価格カジュアルブランドショップを展開する会社。

コレクトポイントは、女性向けの4ブランドを集積させたスペース、
ポイントとしては初めての本格的な百貨店への出店となる。

たまたま百貨店だったとコレクト側は言っているが、それだけ百貨店の敷居が低くなっている証拠だろう。

場所貸し業と揶揄されても生き残りにかける大丸側の思惑とポイントの成長戦略が合致した結果である。

このポイントという会社、ちょっと前でテレビの取材番組で見たが、
専門の商品開発部門を置かず、女性社員たちが街で拾ってきた流行り衣服をいい意味でパクり、
いかに競合他店より早く商品化するかでイニシアティブを取って成長してきた。

既成概念にこだわらない柔軟さこそ、最大の武器というところではないか。

それにしても老舗百貨店に当たり前のように低価格ブランドショップ、時代は変わったものだ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/683-5a319b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad