アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本敏行氏「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」

著者、山本敏行氏はイーシースタジオ社長。全社員にiphoneを導入して注目を浴びた企業だ。

本書「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」は、その導入後、
いかにして社員にその浸透を進めたか、またいかに企業として成果を上げられたか、
そのプロセスを分かりやすく解説している実践書といえる。



特に今何かと話題のツイッターについては、他書がどちらかというと個人レベルの話が多いのに対して、
本書は企業のコミュニケーションツールとしての利用価値を提示している点が評価できるのではないか。

IT系のツールはすべからくそうであるが、どれだけ本を読んでも本当の価値は
使ってみないとわからないものだ。
そういう意味では、使ってみようと思わせる説得力が行間から伝わってくる。

さらに本書は、iPhoneとツイッターだけで終わることなく、クラウドのサービスにも言及しており、
中小企業が低予算で利用できるクラウドサービスを利用シーン別に教えてくれている。

山本氏いわく、こういったサービスを利用することで、中小企業も大手企業と対等に勝負できる時代がきた、と。
その最たる事例が、自身のイーシースタジオのビジネスモデルだろう。

ただ、iPhoneやツイッター、クラウドサービスを利用したからといって、
本書のタイトル通り、すぐに儲かるわけではない。
大切なのは、儲かるための、時代対応できる企業文化を醸成することだ。

そういう意味では、まずは本書を読んで、1点でもイーシースタジオをまねて実践して見るのが、
新しい企業文化を創るスタートなのかもしれない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/678-7b08f6e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。