アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

9年ぶりの県図書館、印象は。

前は何かにつけ通っていた愛知県図書館だったが、今日久しぶりに出かけた。
思い返せばなんと9年ぶり。

出かけなくなったのは、インターネットが普及したせいか。
調べ物と言ったら大抵は検索エンジン頼りで済むようになった。

以前は会社も県図書館の近くにあったので返すのもそう大変ではなかったが、
会社が遠くなった今は、返すのもおっくうである。

そんなこんなで足が遠のいていたので県図書館もさぞや様変わりしているのだろうと思ったが、
予想に反してほとんど変わっていなかった。というか変わり映えしなかった。

考えてみれば、スペースが変わらなければ収蔵書数も同じ、新しい本を増やすのも、
完成当時よりはペースダウンするだろう。

変わったことといえば、各階ごとだった貸出しが1階にまとめられたこと。
経費削減の意味合いも大きいのかもしれない。

平日だったのでクルマで出かけたが駐車場は空いていた。が出庫の際にびっくり、
清算は図書館の中で行わないとクルマが出せない。
慌てて再度クルマを戻し、館内の精算機で清算した始末。やっぱり民間とはわけが違う。

さて館内であるが、景気の反映だろうか社会人席では多くの中高年者が勉強していた。
私自身も小一時間、本を借りつつ過ごしたがやはり図書館は独特の空気で落ち着く。懐かしい想いが蘇る。

欲を言えばもう少しゆっくり本が読めるスペースがあれば、と思うが、
これもスペースの関係、所蔵本数を維持するためにはいたしかたないのかな。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/667-447cd1b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad