アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

水谷孝次氏「デザインが奇跡を起こす」

少し前の情熱大陸でも取り上げられていたが、アートディレクター水谷孝次氏の新刊、
「デザインが奇跡を起こす 『思い』を『カタチ』にする仕事術」を読んだ。



水谷氏は私と同じ名古屋は大須の出身。ワコールのアートディレクターとして一躍注目を浴びた時は、
私の周りのアートディレクターやデザイナーの憧れの存在であった。

本書は、水谷氏の、出生から有名アートディレクターを経て、笑顔をモチーフとしたメリープロジェクトで
社会貢献を追い求める現在までを綴った、いわば自伝。

読むほどに気づかされるのは、一見順風満帆に思われる人生が、実は紆余曲折、苦難の連続の人生であったことだ。
できあがった作品を見るだけでは、とてもその苦難は伝わってこない。

想いを実現するために、あらゆるものを犠牲にして取り組む姿勢には正直脱帽であった。

ある分野で頂点まで上り詰めるとそのあとは下るだけという人生が多い中、
水谷氏はあえて別の山の頂きをゼロから目指す。

そんな水谷氏の生き方に、コピーライター糸井重里氏の生き方がオーバーラップする。

今まさにこの瞬間、人生は思い通りにいかない、こんなはずではなかった、と願いている人には
とても元気と勇気をもらえる1冊。人生は成せばなる、である。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/654-03f91039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad