アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

日本にも再び路面電車、トラムの時代へ。

数年前イタリアのミラノを訪れたとき、街の中心のそこかしこをトラムが走り市民の生活の足として
定着していることが印象的だった。
トラムといえば今風だが、昔でいえば路面電車。

若い人にはまったく想像もできないであろうが、名古屋の中心街にもこの路面電車が全盛だった時代がある。
しかしその後モータリゼーションの波にのまれ、静かに時代の中からフェイドアウトしていった。

ところが先のミラノの例ではないが、また日本でも路面電車が復権というムーブメントが起きつつある。
その先進的な例が、昨年12月に富山市中心部に開業した「セントラム」だ。



この富山では他地区同様、マイカーの普及で一時は廃線が進んだそうだが、
CO2削減という世界的な使命を受けて、新たに線路を新設、環状線として見事に生まれ変わった。

便利さ、快適さを求めるあまり、時代の中に取り残されていった「古き良きもの」は
振り返ってみればまだまだ沢山あるであろう。

便利さと引き換えに失ったもの?真の豊かさとは?
それぞれ個人が今一度考えてみなければならない時代が来ているようだ。

なお、ちなみにこのセントラムのことを知ったのは、中日新聞夕刊1面のトップニュース。
幸いにも大きな事件のない1日で、こういった日が続くことを願う。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/650-605fccb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad