アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

浦沢直樹「20世紀少年」、この度やっと読破。

自分とほぼ同時代で物語が展開する一大SF漫画、浦沢直樹氏の「20世紀少年」22巻、そして「21世紀少年」上下巻を読破した。
もともと「おもしろいから読んでみて」と人から借りていたモノであったが、漫画そのものを読む習慣がなく、そのうちにと、読まないままでいた。

が、この正月に思い立って1巻を手に取ったところ、もう止まらない。
そこからは怒涛の如く(とは言っても欠けてた巻をブックオフで探したりしながら)読み切った。

大阪万博、月の石、月面着陸、ボウリングブーム、中山律子・・・エポック的に登場する当時の流行りものやブームが、自らの思い出とともに鮮烈に蘇る。

物語の展開も壮大かつハラハラドキドキの連続で、漫画となめていた自分が気恥ずかしくなるくらいだ

その「20世紀少年」が、3部作で映画化される。
主人公のケンヂは唐沢寿明、オッチョが豊川悦司、ユキジが常盤貴子。そして監督、堤幸彦でこの夏に第1部が公開との事。
原作がヒットした作品は映画化が難しいと言うが、さてどんな出来栄えとなるのか、
楽しみに待ちたい。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/65-a9bbfade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad