アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

大手映像制作会社の統合により寡占化がさらに進む。

TVCMなどを手掛ける映像制作業界大手のTYO(ティー・ワイ・オー)が、
連結子会社18社を統合することを発表した。

広告業界は、広告主の広告費削減を受けて、CM制作費削減・延期の真っただ中。
当然、受注側の映像制作会社への影響も大ということで、
大手映像制作会社の統合が進むというわけだ。

グループ会社を統合する最大のメリットは、固定費をはじめとするコストの削減であろう。
ひと頃の分社化の波とはまったく逆の方向へ歩みだしており、ちょっと前の常識は今では全く通用しない。

最近のニュースは、こういったコスト削減による効率化の話ばかりが目立ち、
肝心のコンテンツ制作に関しての前向きなニュースが目に入ってこない。

何といっても、映像制作会社の存亡はコンテンツありきだと思うので、
コスト削減がすべてよしというわけではないのだ。
それだけに業界の落ち込みは深刻だ。

背に腹は代えられないというのが、時代の流れだが、
TYOの子会社統合は、大手の映像制作会社の寡占化をますます加速させるのではないか。

大手の資本の強さで、中小の良質なコンテンツを作る会社が苦境にたたされるとしたら、
映像業界の今後はますます暗くなると考えざるをえない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/635-0b47ea34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad