アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

今年2010年は、国民読書年だそう。知ってました?

知らなかったが、2010年は国民読書年だそうだ。

調べてみるとこの国民読書年、2008年6月6日に衆参両院全会一致で採択されていることがわかった。
知らないということは、おそらくあまり話題にもならなかったのだろう。

その国民読書年と連携して、凸版印刷が読者と書店の情報接点となる
ウェブサイト「本屋の歩き方」を4月にオープンするとのこと。

ウェブサイト「本屋の歩き方」は、書店での本との出会いをプロデュースするとともに、
読者と書店との情報接点の拡大が目的。

そのひとつの取り組みである「本屋NAVI」では、協力書店が自身のマイページを登録し、
地図サービス「マピオン」と連携することによって、
読者の生活圏にある個性的な本屋を検索することが可能になる。

そのほかにも、このプロジェクトでは、各業界団体をはじめ、書店、出版社、新聞社など
出版業界の関係各社に幅広く協力を呼びかけていく予定だそう。

丸善、ジュンク堂など大手書店の子会社化を加速させている大日本印刷。
それに対すして中小の書店の連携を目指す凸版印刷の今回の取り組み。

はたして出版不況にストップをかけられるか、注目して見ていきたい。

ちなみに、この国民読書年のキャッチフレーズは、「じゃあ、読もう。」

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/628-015c5d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad