アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

博報堂DYグループエンゲージメント研究会、「自分ごと」だと人は動く。

昨日書いた、「to C から with C へ」について詳しく解説しているのが、
今回紹介する新刊「自分ごと」だと人は動く、だ。



「to C から with C へ」がこれからの時代のコミュニケーションのキーワードとして、
企業も顧客とパートナーとなって、パートナーを主役としたマーケティングが必要不可欠とする。

パートナーに主役となってもらうためには、
「自分ごと」として商品やサービスを捉えてもらわなければならない。

当然広告のあり方も変わってしかるべき。ターゲットなどという言葉は死語になる。

生活者目線という言葉があるが、まさに企業と生活者が同じ高さで、
コミュニケーションをとる時代が来ているようだ。

アドマンもマーケッターも、押しつけや一方的であるとか、はもう通用しないと心しなければならない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/597-b465ba34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad