アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

今見直される、「先義後利」の精神。

企業戦略コンサルタント、中島セイジ氏の書いた、
「儲けないがいい」を読んだ。



一見宗教関係の本かと見間違うような装丁で、なんとなく手に取るのに躊躇いがあったが、
実際には、船井総研社長の小山政彦氏が、心の方程式が詰まっていると帯に推薦文を
書いているように、お金儲けよりも人のため社会のためになることを考えることが
企業経営には大切であると説いている。

その代表的な考え方が、古くから商人の世界に根ざしている「先義後利」の精神だ。

義理を重んじ、利益は後からついてくるものとする。
利益追求の資本主義が行き詰まりを迎えている今、とても重要なキーワードであると
私自身も考える。

本書内には、
義を貫いた戦国武将、直江兼続。
奇跡のリンゴの木村秋則氏。
凡児徹底の元イエローハット社長鍵山秀三郎氏。
社員の半数以上が知的障害者という日本理化学工業会長大山泰弘氏。などなど
バラエティに飛んだ将、長の、先義後利の話が並んでいて、興味深く読むことができた。

経営者であれば経営のために利益を求めることは当り前のことであるが、
それでもかつ社会のために人のためになることを優先しようと考えることは
並大抵の気持ちではできるわけがない。

こういった経営者の眼には、いったい広告はどのように映るのだろううか。
恥ずかしいことはできない。私たちも襟を正さなければ、この本を読んでそんな風に思った。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/589-90377d83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad