アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

0円ビジネスを支える、返報性の原理。

世間の話題をさらったマクドナルドの0円コーヒー。
先頃その収支の結果が出て、めでたく売上アップにつながったようだ。

その理由は、タダでコーヒーだけもらって帰るのは悪い、という気持ちが働き、
ついでにハンバーガーを買ったり、ポテトを買ったりと結局お金を使うことになる、
いわゆる返報性の原理というものが働くからのようだ。
もちろんコーヒー自体がおいしくなければ成り立たないことは言うまでもないが。

不景気という時代性なのか、ほかにも0円ビジネスはたくさんある。
中でも究極なのが、おかきの播磨屋が展開する無料カフェではないか。

無料でコーヒーなどのドリンクが飲めるうえ、おかきなどのお菓子も食べ放題。
認知が上がるにつれ訪れる人が後を絶たないらしい。
もちろん商品の売り上げ増を見越してのこととは思うが、社長の話を聞くと
社会貢献の意味合いも強いようである。

こういった0円ビジネスに取り組む企業が増えている背景には、
効果が見えにくい広告をやめて、その費用をそれ以外の手法での話題づくりに
振り向けようと考える流れがあるように思う。

効果が見えにくい多額のマス広告費を考えれば、お客へのサービスの相当のお金を使うことも
決して損ではない。
思い切った投資で話題になれば、知名度も上がるしお客も喜ぶという
二重の効果が想定できるからだ。

広告に代わるプロモーション手段を考えることもこれからの広告会社の重要な課題だろう。
そのためにはまず消費者が喜ぶ、クライアントにもメリットになることを
フラットに発想することが何より重要ではないか。
このあたりに広告会社再生のカギがあるように思える。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/565-25192e72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad