アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

勝間&藤巻、絶好調の二人の仕事学とは?

勝間・藤巻に聞け!「仕事学のすすめ」~自分ブランドで課題克服を読んだ。



今をときめく勝間和代氏と藤巻幸夫氏、それぞれの仕事の流儀を披露している。

その中の勝間氏の章に出てくる「三毒追放」の話がこの時代には参考になる。

三毒追放とは、勝間氏がかつて読んだという、中山正和氏が書いた
『洞察力---本質を見抜く「眼力」の秘密』に出てくる話だそうだ。

もともとは仏教の教えだそうだが、中山氏のいう三毒とは「妬む・怒る・愚痴る」で、
この「妬む・怒る・愚痴る」をやめることで、心の平穏が訪れ、すべてがうまくいくようになるらしい。

今まさに不況真っ盛り。生きているだけで「妬む・怒る・愚痴る」が当たり前の世の中になっている。
かくいう私自身も、ついつい心の中に、また言葉として三毒を抱えている。
その結果、さらに三毒が増えるという悪循環だ。

本全体の感想に戻るが、
NHK教育テレビの「知る楽 仕事学のすすめ」の進行役が縁で生まれた本だそう。
一見対照的にも見える二人だが、読んでみると多くの共通点も見えてくる。
方法論は別としても、社会のためになりたいというミッションが
共通の思いであるからかも知れない。

気になる点。
いつもながら勝間氏の話は理路整然、論理的な展開、無駄がない。
が、ここのところ何冊か読み込んでいると同じ話が何度も出てくるのがいささか気になった。
特に「目立つ力」がほぼ同時期に出版されたというせいも大きいのだろうが・・・

とはいえ、勝間氏と藤巻氏というメンターにふさわしい二人のエッセンスが
これでもかと盛り込まれていてお得な1冊。
こういう時代だから、逆に輝く二人という感じだ。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/551-7065b8e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad