アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

TV局と動画サイトとの連携、収益化はほど遠い?

今週号の週刊東洋経済に興味深い記事を見つけた。

TV局と動画サイトとの提携・連携のその後だ。

9月、フジテレビ、日本テレビのキー局2強の「GyaO」への出資。すでにヤフージャパンの
子会社となっていたので事実上ヤフージャパンへの出資ともいえる。

その一方で、テレビ朝日とTBSは9月29日にグーグルの動画配信サイト「YouTube」との
パートナー契約を発表、同日からユーチューブ上に公式チャンネルを開設、
ニュース映像などを配信している。

ヤフー対グーグルが、そのまま
フジテレビ、日本テレビ対テレビ朝日、TBSの構図。

この2極化の背景には、
テレビ局各社のインターネットにおける動画配信の考え方の違いがあるという。

フジ、日テレはあくまで権利処理された動画配信にこだわるのに対し、
テレ朝、TBSはグーグルの違法動画検出システムに信頼を寄せ、
敵対視していたユーチューブに対し態度を軟化させた結果としてのパートナー契約らしい。

思惑は相反しているが、求めるところは、減少しつつある広告収入をネットの有料動画配信で
カバーしたいという点で共通している。

ところが、なかなか有料コンテンツのビジネス化に手こずっているようで、
思惑通りとはいかないらしい。

まだまだスタートしたばかりのTV局と動画配信サイトとの連携。
テレビ局各社の救世主となるか、しばらく動向を見守っていきたい。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/548-135ced57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad