アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

ビジネス書の定番、柳井正氏の「一勝九敗」

数々の書評等で紹介されているので今さらという感じではあるが、
ユニクロ社長の柳井正が書いた「一勝九敗」を読んでみた。



あまのじゃくのところがあるので、みんなが良いというとなぜか二の足を踏んでしまう。
まぁ今だったら良いかなということで。

本書は2004年の著作。
今から5年前のユニクロはフリースブームが去ってユニクロも終わったかと
酷評されていた時期をやっと超えた頃。
柳井氏が玉塚氏を社長に据えて、次なる時代を見据えていた時だ。
その後、玉塚氏は会社を去ることになり柳井氏は再び社長に復帰する。
そういった時期に書いた内容だけに今読むと余計に興味深い。

金日、2009年のユニクロ隆盛をどこまで柳井氏が予想できていたか定かではないが、
本書を読むかぎり、柳井氏の先見性は見事というほかない。

経営とは?組織とは、人材教育とは?経営者十戒にあるように、
柳井氏なりの信念が一本ど~んと貫かれているユニクロ。
まさに一勝九敗の結実である。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/536-b63d0639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad