アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

一眼レフでテレビCMを撮影する時代。

相変わらず周辺が騒がしい。

何のことかというと、キャノンのEOS 5D MarkⅡのことだ。
一眼レフカメラでありながら、もっぱら話題は、動画撮影ができることに。

スチールのぼけ感が、そのまま動画で実現できる。しかも画質はフルスペックのHD。
しかもカメラ本体は30万円程度。(もちろんレンズなどの付属品はそこそこ高いが)
と、ある意味、スチールのカメラマンでも本格的な動画撮影に挑むことができる。

巷の話題を受けてか、玄光社から特集のMOOKが出版された。
タイトルは「デジタル一眼ムービー完全攻略」。



キャノンのEOS 5D MarkⅡをはじめ、パナソニックのLUMIX DMC-GH1や
ニコンD90、オリンパスPEN E-P1など、HD動画対応デジタル一眼レフカメラの
撮影画像の比較や実際に制作されたプロの作品を収めたDVDが付属している。

それらの質感を比較してみると、
あらためてHD動画対応デジタル一眼レフカメラの凄さがわかる。
特に、EOS 5D MarkⅡを使って作られた作品の画質は
プロが競って買い求めている理由を視覚から
ストレートに教えてくれる。

お金が許せば今すぐ買いたい、そんな衝動に駆られるキャノン EOS MarkⅡ。
近いうちにぜひ自社のCMづくりで使ってみたいと考えている。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/509-4fbe03f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad