アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

矢矧晴一郎氏「ピンチをチャンスに変えて勝つ!」

御年79歳!それだけでも頭が下がるが、年齢を感じさせないパワフルな生き方にまず驚かされる。

そんな経営コンサルタント、矢矧晴一郎氏の「ピンチをチャンスに変えて勝つ!」を読んだ。



本を読む目的はいろいろあると思うが、私の場合は、
まず自分自身の考えていること、やっていることを客観的に評価したいとき。
そんな時に自分の業務領域について書かれた本を何冊か読んでみる。
そして自らの考え方、今後歩んでいく道を修正してみるというわけだ。

そして第二の目的は、自分が壁にぶち当たっているとき。
救いを求めて本を読む。

本書「ピンチをチャンスに変えて勝つ!」はまさにそんなときに、出会った本。

人生経験が豊富なだけに説得がある、と同時に、常にポジティブシンキングであることに
勇気をもらえる。

結局、幸せか不幸せかは、心のありようであって、こころが前向きであれば、
たいていのことは何とかなると思えてくる。

事実、矢矧氏はそうやって数々の困難、病気すら克服してきた。

言葉にすると軽々しいが、まさに凄い人である。

難しいのは同じようにやっても才能の差があるであろうということだが、
とにかくやってみる価値はある。

おもしろいエピソードをひとつ。

矢矧氏は肺結核で死にかけて奇跡的に一命をとどめたらしい。
その時、彼は自らの葬式を行った。古い自分を葬り去るために。
その結果、生まれかわった自分は、これまでと打って変わって活き活きとした姿になれたそう。

今壁にあたっている人には、間違いなくエネルギーをもらえる1冊になる。
あとは自分自身の努力次第であるが。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/497-fcc9832b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad