アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

この先の広告・広告会社のあり方を示唆する3冊。

なかなか読書時間が取れずページが進まないが、とりあえず
日曜日から今日にかけて手に入れた新刊3冊を留め置く。

この3冊、私たち広告業界にいる人間にとっては期しくも今後の運命を占うような
書籍である。今日は簡単に。

(1)なぜ、テレビCMをやめると売上げがあがるのか?



 なんと刺激的なタイトル。ぐさっと一刺しされた感じ。プッシュスパム営業の代表としての
 テレビCM。なぜテレビCMが今の時代の良くないのかをわかりやすく解説。
 今鋭意読書中なので、あらためて紹介する。

(2)WebPRのしかけ~広告だけに頼らなくても、モノは売れる



 PR会社のビルコム株式会社CEO、太田滋氏の著作。ここでもアンチ広告。
 少し前に同様の新書があったが、そちらのタイトルは「戦略PRの仕掛け方」。
 お間違えなく。

(3)費用対効果が見える広告



 副題に「レスポンス広告のすべて」とあるように、イメージ広告からレスポンス広告への
 広告ニーズの移り変わりを解説。レスポンス広告の作例も豊富でシンプルに理解できそう。

こういった本が書店に並ぶこと自体、広告の転換期の象徴のように思える。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/458-fa0650d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad