アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

書店とブックカバーの関係。

書店めぐりが趣味であったりして、必然的にいろいろな書店で本を買う。

そんな中で気になること。それは各書店のブックカバーである。

最近は各書店ごとに趣向を凝らしたブックカバーが用意されているが、
中でも感心するのが、いまじんのブックカバー。

ジャケコレという名前で、一般人からオリジナルデザインを募集、
ジャケットに起用している。
プロではないアマチュアの作品であるが、なかなかの力作ぞろいで、
カバーをかけてもらうときに思わず迷ってしまうほどだ。

それに対して、従来通りの冴えない(?)カバーの書店もある。

とりあえずカバーは掛けてもらうのであるが、次からは遠慮しようと思うものもある。

たかがブックカバーであるが、工夫のこらし方によってはまだまだ
差別化のツール、プロモーションツールとして利用価値が大と思うがどうだろう。

細かな配慮のひとつひとつの積み重ねこそ、ブランドづくりに欠かせない要素ではないか、
ある書店のブックカバーを見てそう思った次第。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/450-188aa1ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad