アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

劇場のファンサービスと顧客数減少。

このところ毎年じわじわと観客数が減少傾向にあるという。
そんな中、全国の劇場がファンサービスに力を入れているというニュースを見た。

開演前のロビーとか、上演中のサプライズとか、観客が参加できたり、裏側を覗けたり、
各劇場がおのおのの特長を活かしてさまざまな工夫を凝らしている。

その主な理由は、新しいお客様を取り込むよりは、今来ているお客様にもう一度
足を運んでもらう方が、よほど労力がかからないということだ。

マーケティングの法則でいれば、新規の顧客を獲得するコストは、既存客を囲い込むコストの
5倍かかるというところか。

もちろんその裏側に、若い人の劇場離れが深刻ということもあるように思うが。

既存客を大切にし、ロイヤルカスタマーを増やすことは
劇場に限らずあらゆるビジネスに共通して求められることだろう。

冷静に考えてみれば当然のことだが、意外とそのことに気付かず、
新規新規と繰り返す経営幹部もいる。

きちんと適正なサービスを提供できていれば、新規に眼を向ける必要もないし、
紹介で仕事は増えていくであろう。
新規新規と叫ぶ幹部の声は自信のなさの裏返しのような気がしてならない。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/445-52c71c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad