FC2ブログ

アドマン(元)のブログ「広告会社~バーチャルとリアルの狭間で」

名古屋の広告会社に働いていた元アドマンのブログ。広告とインターネットに携わる男が、時代の転換期で日々感じること、気づくこと、体験したこと、また、読んだ本や見た映画の感想などを思いのままに書き綴ります。

テレビCM衝撃の調査結果 「6割が印象に残らない」に想う。

またまたテレビCMの効果を問う記事だ。
タイトルは、J-CASTニュースの記事そのまま。

このタイトルを見ると、確かに衝撃の調査結果ではあるが、
CM制作に携わる者としては調査方法が気になるところ。

この調査はCM総合研究所が調査したもので、読売新聞が2009年5月15日に報道した。

研究所によると、この調査結果は読売新聞の独自取材によって記事になったもので、
今後メディアに公表する予定はないという。正直、研究所も予想外の反響の大きさに
戸惑っているそう。

さて肝心の調査方法であるが、
記事によると、調査したのは関東地方に住む6~89歳の男女計3000人。
筆記式で毎月、印象や好感を持ったCMを最大5つまで記入させたものだそう。
結果として、777社のCMの1万147作品は全く記載されなかったとの事。
08年4月から09年3月まで、1年間に流されたテレビCMの数は1万7765作品あり、
CMを出した企業は2019社。

つまるところ、6割のテレビCMは誰も5つの中にも挙げなかったということ。
数々のコマーシャルの中から5本の指に入ること自体、メジャークライアントが
多い中で難しいと思うので、書き方に少しバイアスがかかり過ぎているという感じも。

このデータをもとに今後、6割のテレビCMが印象に残らなかった、
イコール6割のテレビCMは効果がないという論理が展開されることになるのは
想像に難くないが、それではいくら何でも早計すぎやしないか。

しかしながら、次の話を聞くとやむを得ないという気にもなるが・・・
「この印象に残っていないCMの中には、一つの商品のCMに最大3億円以上を
費やした企業が3社あり、年間に905回流していた企業も存在していた。」

まぁテレビCMが難しい時代になってきたことは確か。

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://adrunner.blog38.fc2.com/tb.php/422-be22ac22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)